ホルモン療法副作用

ホルモン療法副作用

ホルモン補充療法をおこなうことでおこる副作用は
子宮がんや乳がんのリスクを高めることになります。

ホルモン補充療法副作用防ぐ方法として黄体ホルモンを活用することになっています。

更年期障害を防ぐことができる 女性ホルモン療法ですが、
個人個人によって使用する期間が変わります。
体の症状が改善され更年期障害を防ぐことができれば、
女性ホルモン補充療法を中止することもできます。

ホルモン療法副作用を防ぐ作用として
卵胞 ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモン療法補充治療剤を
定期的に違った服用の仕方があります。
また卵巣ホルモンと黄体ホルモン剤を毎日服用する方法もあります。

更年期障害女性ホルモン補充療法は閉経前後の方、生理のくることや出血
がないようにしたい方などに服用されています。
posted by ma at 11:23 | 女性ホルモン活性化
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。