pms症候群



生理 pms
生理前の不調が起こることをpms月経前症候群と呼ばれています。
心の変化ではイライラや不安・落ち込みといった症状などでpms症候群がおこります。
生理 pmsによって起こる体の変化は頭痛・肩こり・むくみ・乳房のはりなどの不調が
起こります。

pms対策
多くの女性がPMS症候群の変化を自覚しています。
生理一週間前になると黄体ホルモンと卵胞ホルモンが減少し、
ホルモンの変化に対応しきれずさまざまな症状が発生します。

心の症状も年齢を重ねるうちに変化する場合もあります。
多くのストレスを感じているときにPMS症候群が重なると心理的な不調症状が
出やすくなります。

pms病院選びは婦人科へ
心の症状が強い場合は婦人科を受診することをすすめます。
内科検診で病気がないかも確認します。
病気ではないといって婦人科pmsの治療をおこなっていない婦人科も
あるので、電話で確かめてから婦人科でpms受診をしましょう。

pms漢方で改善
漢方は体を総合的に健康機能へ改善してくれます。
生理前のPMSの症状を漢方薬で補うことが可能です。


pmsチェック
ストレスチェック
ストレスによってホルモンバランスも変化してきます。
タバコ・アルコール度チェック
pms症候群が発生する多くのかたがタバコ・アルコール・コーヒー・間食
などをよくとっています。






posted by ma at 20:17 | 女性ホルモン活性化
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。