ホルモン療法副作用

ホルモン療法副作用

ホルモン補充療法をおこなうことでおこる副作用は
子宮がんや乳がんのリスクを高めることになります。

ホルモン補充療法副作用防ぐ方法として黄体ホルモンを活用することになっています。

更年期障害を防ぐことができる 女性ホルモン療法ですが、
個人個人によって使用する期間が変わります。
体の症状が改善され更年期障害を防ぐことができれば、
女性ホルモン補充療法を中止することもできます。

ホルモン療法副作用を防ぐ作用として
卵胞 ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモン療法補充治療剤を
定期的に違った服用の仕方があります。
また卵巣ホルモンと黄体ホルモン剤を毎日服用する方法もあります。

更年期障害女性ホルモン補充療法は閉経前後の方、生理のくることや出血
がないようにしたい方などに服用されています。
posted by ma at 11:23 | 女性ホルモン活性化

生理痛よう痛み

生理痛よう痛み


生理の痛みはさまざまな症状があるのではないでしょうか
胸の痛みや腹の痛み・腰の痛みなど生理痛みよう痛みが続いたり、
日常生活の支障をきたす人もいます。

不規則な生活や慢性疲労・ストレスからも生理の痛みは起こってきます。

生理の痛みを緩和するために必ず鎮痛剤は飲みましょう。
鎮痛剤を飲んでいても痛みが続く場合は婦人科へ受診しましょう。
生理 痛 痛み止めとして 低容量ピルを飲めば続く痛みを軽くすることもできます。

posted by ma at 11:22 | 女性ホルモン活性化

排卵時おりもの

排卵時おりもの
生理にくるおりものの量がいつもと変わった
おりもの 出血が混じる・臭いが気になる・色の変化など
病気の前ぶれではないかと心配になるのではないでしょうか?

排卵時に起こるおりものの出血や量、少しネバネバした感じ・
おりものかゆみや臭い・水っぽい・おりものが少ないなど1~2日でおさまるものは排卵期の起こる症状
なので心配はありません。

排卵時に起こる出血が少量であれば特に異常はありません。
女性のおりものは人によっておりものの量が違い・女性ホルモンバランスの影響にも
変化があります。

おりものの色については無色・無臭なら問題ありません。
茶色いおりもの・黄色いおりもの・緑のおりものなどの色の変化は
膣内の抵抗力が落ちている状態で炎症が起こっている場合も。

薬があればすぐに治療ができるので、
症状が悪化する前に婦人科への受診検査をすすめます。


体の抵抗力を高めるためにも体の温まる食材が有効です。
はちみつ・しょうがなどの食材がおすすめ。
あと、ポリフェノールの含んだサプリメントも有効です。

posted by ma at 11:19 | 女性ホルモン活性化

pms症候群



生理 pms
生理前の不調が起こることをpms月経前症候群と呼ばれています。
心の変化ではイライラや不安・落ち込みといった症状などでpms症候群がおこります。
生理 pmsによって起こる体の変化は頭痛・肩こり・むくみ・乳房のはりなどの不調が
起こります。

pms対策
多くの女性がPMS症候群の変化を自覚しています。
生理一週間前になると黄体ホルモンと卵胞ホルモンが減少し、
ホルモンの変化に対応しきれずさまざまな症状が発生します。

心の症状も年齢を重ねるうちに変化する場合もあります。
多くのストレスを感じているときにPMS症候群が重なると心理的な不調症状が
出やすくなります。

pms病院選びは婦人科へ
心の症状が強い場合は婦人科を受診することをすすめます。
内科検診で病気がないかも確認します。
病気ではないといって婦人科pmsの治療をおこなっていない婦人科も
あるので、電話で確かめてから婦人科でpms受診をしましょう。

pms漢方で改善
漢方は体を総合的に健康機能へ改善してくれます。
生理前のPMSの症状を漢方薬で補うことが可能です。


pmsチェック
ストレスチェック
ストレスによってホルモンバランスも変化してきます。
タバコ・アルコール度チェック
pms症候群が発生する多くのかたがタバコ・アルコール・コーヒー・間食
などをよくとっています。






posted by ma at 20:17 | 女性ホルモン活性化

女性ホルモン活性化


女性ホルモン活性化
心と体の問題によって体調が優れない、病気でもないのにからだがだるい、肌あれ・にきびな
どの症状はありませんか?

年齢を重ねることによって免疫力のホルモン低下、女性ホルモンバランスの乱れ
脂肪の酸化が起こってきます。


健康的なホルモン活性化生活をするためにも食事の見直しが必要です。
女性ホルモンを整える食物として知られているのがイソフラボンとビタミンEです。
イソフラボンはエストロゲンの不足をサポートします。
イソフラボンは豆腐・豆乳などの大豆の中に含まれています。
ビタミンEは女性ホルモンの分泌プロゲステロンの働きをサポートします。
植物油・かぼちゃ・うなぎなどの食品に含まれています。





女性ホルモン量低下・異常・乱れ
月経不順・生理不順ついては、過剰な運動や仕事の変化、環境の変化といった
ストレスを感じている場合、女性ホルモン周期が乱れがちになります。
過多なストレスによりホルモン分泌に影響します。
ストレスを解消し体調がよくなれば生理周期も安定していくるのでしばらく様子を見ることが大切になります。


不眠を防ぐ
長時間の昼寝などをすると副交感神経の活性化により夜の眠りの妨げになります。
カフェインが含んでいるタバコ、就寝前のコーヒー・紅茶・お酒などの摂取にも注意が必要です。
カフェインの効果は4〜5時間にもなります。



白髪・髪の栄養を増やす
髪の栄養効果を増やすのに必要なのがコラーゲンです。髪は栄養不足・貧血などによって十分な栄養がいきわたることができなくなります。女性ホルモンバランス低下による影響もあります。
髪の毛も老化が進みます。髪の毛のホルモン活性化をするためにコラーゲンの摂取や頭皮マッサージ・貧血にならないよう改善が必要です。


女性ホルモン低容量ピル服用について
低容量ピルはエストロゲン・プロゲステロンの両方を含めた薬です。
ピルには天然のホルモンと科学合成されたホルモンが使われています。
低容量ピルはホルモン量によって種類がわかりており、服用することにより女性ホルモンバランスをコントロールします。
避妊を考えてのピルの服用は冷静に考えれば賢い選択になります。
正しいピルの服用方法・女性ホルモン効果・効能を理解することができれば、予想外の妊娠を防ぐことも可能になるのでは
ないでしょうか。
女性ホルモン副作用については不正出血・頭痛・はきけなどがありますが2~3ヶ月もすれば
消えていきます。
頭痛薬よりも安心した薬でもあります。




posted by ma at 01:59 | 女性ホルモン活性化

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。